認定こども園のメリットとデメリットは?

 

認定こども園とはどんな施設?

一言で説明すると、幼稚園の「教育」と、保育園の「保育」を、一体的に行う施設が、【認定こども園】です。就学前の教育・保育を一体として捉え、一貫して提供することを目的とし、また子育て支援の総合的な提供を行う施設として2006年10月より創設されました。

現在、認定こども園には4種類があり、それぞれに特色が異なります。

 

・幼保連携型

幼稚園的機能と保育所的機能の両方をあわせ持ち、小学校就学前の子供の教育・保育・子育て支援を一体的に提供する施設です。小学校児童との交流の機会や、小学校と連携を図ることで、スムーズに小学校へ進み教育を受けられるように、と考えられた施設です。

・幼稚園型

母体が公立や私立の幼稚園で、保育が必要な子どものため、長時間預かりの実施、0歳から預かりを行うなど、幼稚園の役割だけでなく、保育所的な役割を備えることで、認定こども園としての機能を果たすタイプです。

・保育所型

公立や私立の認可保育所がもととなり、保育が必要な子ども以外も受け入れるなど、就労していない保護者の方でも利用でき、幼稚園的な役割を備えることで、認定こども園としての機能を果たすタイプです。教育においても、通常の保育所に比べ充実していることが多く、幼稚園的と言えます。

・地方裁量型

幼稚園・保育所いずれの認可もない、地域の教育・保育施設等が、都道府県の認定基準により認定され、認定こども園の機能を果たすタイプです。

認定こども園のメリット

幼稚園のように、小学校進学へ向けて、しっかりとした教育を受けさせたい、でも、仕事の都合で幼稚園のお迎え時間にはとても間に合わない、等の悩みを抱えている保護者は数多くいると思います。その悩みを解決できる施設がまさに【認定こども園】です。

幼稚園だけではまかなえない早朝・延長保育の充実、保育園では受けることのできなかった教育カリキュラムや行事・イベント等の充実を叶えたのが、認定こども園なのです。

また、一般的に幼稚園は3歳からですが、認定こども園は0歳から入園可能です。そのことにより、幅広い年齢層の子どもとの交流を通して、様々な刺激を受けることができます。そして、3歳までは保育園に預け、教育を受けさせるため、3歳からは幼稚園と、途中から転園する必要もありません。幼児教育が充実しているのは言うまでもなく、3歳児から5歳児に対して、毎日4時間程度の教育時間が設けられています。体操や水泳、絵画や茶道教室、英会話やリトミック教室など、それぞれ認定こども園ごとに特徴的なカリキュラムを備えているので、気になる園がある場合は事前に調べ、見学に行かれることをお勧めします。

給食に関しても、一部の認定こども園では、お弁当の日が設けられていることもあるようですが、基本的に保育所と同じように、栄養バランスのよい給食が提供されます。幼稚園は、給食よりもお弁当のところが多く、また給食を頼むことができても、仕出しによる提供の場合もあります。お弁当か給食か選べる幼稚園もありますが、認定こども園は、基本的に給食が毎日提供されるという安心感があります。

保育所と異なり、保護者の就労の有無にかかわらず施設の利用が可能であり、育児不安の大きい専業主婦家庭への支援を含む、地域子育て支援が充実している点も魅力の一つと言えます。

認定こども園のデメリット

ここまで、認定こども園のメリットをたくさんお伝えしてきましたが、実際には、認定こども園に預けたくても、まだまだ数が少なく、特に地方では、選択肢があまりないのが一番のデメリットではないでしょうか。希望すれば誰でも入園できるという保証もなく、認定基準により優先順位があります。

 

園側としては、負担を増やしてまで【認定こども園】に移行するメリットがない、という経営者も多く、認定こども園の認定を返上する園や、認定が取り消しになる場合もあります。今後認定こども園の数は増えていくとは予想されますが、すべての希望者の受け入れが可能となるまでには時間がかかりそうです。

そして、どの種類の認定こども園なのかにもよりますが、保護者の考え方やライフスタイルに大きな違いがあり、教育や行事等に対する、保護者の温度差があることも考えられます。仕事が忙しい家庭にとっては、幼稚園のような平日の行事参加や、役員としての協力を求められても、負担になることもあります。また、保育費以外に別途教育時間のための費用が追加される場合もあるので、希望する認定こども園や自治体への事前確認が必要です。幼稚園型のこども園では、幼稚園児と保育園児に分かれていても、全園児夏休みがあることもあり、保育所型のこども園とは違った幼稚園ルール的なものが存在するので、ご注意ください。

 

まとめ


 一言で認定こども園といっても、種類や各園でそれぞれ大きな差があり、どこに重きを置くかによって、選ぶべき施設が異なってきます。そして、認定こども園の幼稚園機能を利用するのか、保育園機能を利用するのかにより、同じ教室で活動していても、幼保無償化(幼児教育無償化)の3歳の基準が異なる点も、今後大きな課題となっていくのではないでしょうか。

   

 - 保育教諭