保育園の加配担当ってどんな仕事?保育園生活を手助けする加配担当の業務内容や職場環境などの現状を解説!

 

保育園での加配担当は、保育園が障害を持つ子どもを受ける入れるために必要な役割があり、それを担当する者を加配保育士と言います。

ここでは、保育園の加配担当の概要や役割、加配保育士の主な業務内容やなり方、問題点などを解説していきます。

 

保育園の加配担当とは?

保育園の加配担当である加配保育士の役割は、障害を持つ子どもの保育をすることが役割となります。

加配担当はあくまでも障害を持つ子どもの保育を目的としているため、担当である加配保育士は一般の保育士のようにクラスを受け持つのではなく、担当する子どもの専属保育士の色合いが強い仕事となります。

加配担当が必要とされる理由

障害を持つ子どもは、障害の度合いにもよりますが、支援体制がしっかりと整っていれば、保育園でも集団生活を送ることは可能です。

ですが、他の子どもと全く同じような活動や行動を行うことは難しく、また、一般の保育士が障害を持つ子どもに付っきりになってしまうと、他の子どもへの保育に影響を及ぼす場合もあります。

加配保育士は、そのような状況を防ぐ意味でも、保育園にとっては必要な存在であると言えます。

障害児保育においての加配保育士の規定は、明確に定められてはいませんが、障害児保育における加配担当の水準や目安はこれらのことが挙げられます。

障害児保育においての加配担当の水準
l  子ども2人に付1名の加配保育士を配置すること

l  対象となる子どもは障害の診断を受けていること

l  保育園側は保護者からの申請によって加配保育士を配置

 

加配担当の主な業務内容

保育園の加配担当である加配保育士は、障害を持つ子どもを保育園が受け入れ保育するために必要であることが上記でわかりましたが、加配保育士の業務は具体的にはどのようなものがあるのでしょう。

ここからは、加配保育士の主な業務内容などを紹介していきます。

障害を持つ子どもを担当することがメイン

一般的な保育士とは異なり、加配保育士は障害を持つ子ども担当し、保育園での生活のサポートや保育を行うことが業務のメインになります。

また、保育園の規模や方針によっては、一般クラスの担任の補助役として、対象となる子どもをサポートする場合もあります。

障害を持つ子どもを担当することが業務のメインとしてありますが、保育園の規模や方針によって働き方が異なるケースもあると言えるでしょう。

コミュニケーションのサポート

障害を持つ子どもは、他の子どもとのコミュニケーションが苦手な傾向が強いため、自分の気持ちを相手に上手く伝えることができず、友達をつい叩いてしまう、癇癪を起してしまうなどといったケースを引き起こすことも考えられます。

加配保育士はそのようなことを踏まえて、障害を持つ子どもが上手く集団生活に馴染めるようにサポートしてあげることも、大事な仕事のひとつと言えます。

福祉や行政機関との連携

福祉や行政機関と上手く連携し、障害を持つ子どもが保育園で円滑に過ごせる環境を作ることも、加配保育士の大事な仕事のひとつです。

子どもの福祉支援について自治体や役所からアドバイスを受けたり、保育園での加配業務の環境や現場の現状などを報告したりなど、福祉や行政機関との連絡窓口も担います。

 

加配担当の雇用形態は?

加配担当となる加配保育士は、一般の保育士とは異なり特殊な職業であることがわかりましたが、雇用形態や待遇なども一般の保育士と異なるのでしょうか。

ここからは、加配保育士の雇用形態や待遇などについて検証していきたいと思います。

加配担当だからと言って特に手当はない

保育園での加配担当は、上記でも紹介した「子ども2人に付1名の加配保育士を配置すること」「対象となる子どもは障害の診断を受けていること」「保育園側は保護者からの申請によって加配保育士を配置」などの水準によって、保育園が保育士を加配担当して配置したり、加配保育士を新たに求人募集を行います。

特殊な業務であることには違いありませんが、加配担当だからと言って特別な手当てが出るといったことは特になく、ニュアンス的には、「キャリアアップ」というよりは「部署移動」というような意味合いが強いようにも思えます。

ですが保育園によっては、加配担当になることによって給料がアップしたり、求人募集の段階で高待遇条件であるなど、ニーズの高いエリアや保育園の方針や規模によって違いがあるようです。

雇用形態

加配担当の雇用形態は「正社員」「派遣」「パート」の3つが主ですが、求人では派遣やパートが多く、正社員での募集は少ない傾向にあり、また臨時職員として保育園が求人をかけるケースもあるようです。

加配担当の雇用形態も、例えば、障害のある子どもが「在園する期間のみ」加配担当を配置する場合は、パートや派遣で加配担当を補うなど、保育園の方針や規模によって異なります。

ですが、加配保育士は子どもとの信頼関係があって成立する仕事でもあるため、その点を特に重視する場合は、フルタイムで働ける正社員や派遣で求人をかけるケースもあると言えるでしょう。

 

加配担当になるには?

保育園で加配担当になるには、上記の「加配担当が必要とされる理由」にあったように保育園が加配必要とする水準を満たしていることが条件としてあるため、その条件をクリアしている保育園で働く必要があります。

加配に関しての何か特別な資格等は明確化されていませんが、保育に関する経験や知識などが必須になる仕事であるため、「保育士資格」を持っていることが加配担当になるための最低限の条件とも言えます。

また、「保育士資格」を持っていることで、加配担当を希望しての就職や転職の際も、給料面や待遇面などで有利に働くケースもあります。

元々保育園で保育士として働いている場合は、保育園側の希望もしくは保育士の希望などで加配担当として配置されるケースもあります。

まとめ

加配保育士は保育園内での役割が明確となっており、また、障害の有無に関わらず子どもが保育園での時間を楽しく過ごすための工夫を凝らしたりなど、何かとやりがいのある仕事と言えます。

共働き社会が加速する現代社会において、今後も加配担当のニーズが増えてくることも予想できるので、将来性にもある程度期待が持てます。

ですが、加配担当を担うということは、「障害を持つ子どもを担当する」ということが前提にあるため、加配担当の目的や業務のあり方などをしっかりと理解した上でその仕事に就くことが何よりも大事と言えます。

   

 - 保育士になるには