保育園の園長になるにはどうしたらいい?必要な資格や経験は?向き不向きを解説!

 

保育士経験が長くなると、1度は考える園長への道のり…。

そして、保育園や保育士不足が叫ばれる今。

「自分で保育園を作り園長になろう!」

そんな、志を持っている人も園長へのステップアップは気になる問題ですよね。

実は、基本的に保育園の園長になる為に特別な資格は必要ありません。

極端なことを言えば、保育園の現場経験がなくても園長になれます。

幼稚園の園長は、必ず幼稚園教諭免許や実務経験が必要です。

保育園の園長なのに保育士資格いらないの!?

公立保育園と私立保育園では要件が違うので、詳しく解説していきます!

 

園長になる為に必要な資格は?

基本的に、保育園の園長になる為の特別な資格は存在しません。

公立保育園の園長の枠は少なく、小規模保育園の園長であれば比較的多く求人が打たれています。

 

・公立保育園

公立保育園の方が園長までの道のりは長く、最初は保育士として公務員試験を受ける必要があります。

無事に採用されてからしばらくは、公立保育園で保育士として勤務します。

主任保育士等を経験し、昇格試験を受け園長へとたどり着きます。

しかし、最近では認定こども園の数が増え、公立保育園の数が少ない傾向にあります。

長年勤める園長がいれば、なかなか順番が回ってこないことも考えられるので、狭き門と言えるでしょう。

 

・私立保育園

家族で経営されている園も多く、次の園長も親族の中から選ぶパターンが多いようです。

しかし、跡を継ぐ人がいない場合は、ベテランで信頼のおける保育士を園長に抜擢することもあります。

その場合、施設長の資格認定に関する講習会を受講する必要があります。

求められる勤務経験は園によって異なります。

 

・小規模保育園、無認可保育園

現在、待機児童対策で小規模保育園が次々設立されています。

便利な駅前保育園や、大規模なマンションの中の保育園等、形態はさまざまです。

新しくオープンする保育園の園長が、ネットで募集されていることも多くあります。

保育園の経営を任せたいと考える企業は、保育士資格がなくても、経営の経験があれば採用することもあります。

保育士として3年以上や5年以上勤務経験があることが求人に明記されている場合もあるので確認が必要です。

 

園長の主な仕事は?どんな素質が必要?

園長の仕事はたくさんあります。

保育園の代表となるわけですから、保育や子どものことを知らないと信頼問題にもなります。

子どものことや、保護者との関係、園の経営問題に加えて、従業員である保育士のことも考える必要があります。

園長の仕事は多岐に渡り、数え切れません。

その中のいくつかをご紹介します。

 

・保育園の経営

保育園の経営を任されるということは、資金管理が必要です。

補助金や保育料のことで行政への書類作成を行う。

保育士への給与やボーナス、設備投資に備品管理等…。

園長が携わる保育園経営はお金の管理が付き物です。

多岐に渡る金銭的な知識が必要です。

 

・保育園の施設管理

保育園は子ども達の為、安全であることが絶対条件です。

遊具や室内の危険管理に加えて、感染症対策にも関わる、衛生管理が必要です。

他にも、備品の故障や老朽化対策も…。

問題がある場合は、関係各所との連携が求められます。

 

・保育園の運営

年間行事や地域との連携等、運営には園長の存在が欠かせません。

行政や自治会、近隣住民やあ保護者等、関わる人は大勢います。

円滑なコミュニケーションを図る必要があります。

 

・保育士管理

保育士の採用から指導まで行い、働きやすい環境作りに取り組みます。

シフト作成や、保育士が作成する書類やお便りの確認等、日常的な仕事です。

保育士との良好な関係を続けていく為に、面談や懇親会などの工夫が求められます。

 

園長に向いている人、向いていない人

園長は保育園の顔といえる存在です。

そんな園長に向いている人は、責任感とコミュニケーション能力に長ける人です。

保育園で困ったことがあれば、最終的な判断はすべて園長の仕事といえます。

保育士のミス、保護者からのクレームに関して責任を取る。

子ども達をお預かりする上で、健全な保育を提供する約束をする。

園長には、大きな責任がのしかかります。

客観的に物事を判断すること、冷静に対応することが大切です。

そして、上に立つ立場の人間ですから、関わる人の多い仕事でもあります。

どんな人とも上手く話すことのできる力があれば良いですね。

園長に向いていない人は、熱意のない人…そして、子どもが苦手な人です。

保育士資格や、勤務経験を問われることなく園長になれる場合もあると記載しました。

しかし、「子どもと関わることが好きかどうか」は別問題です。

保育園の主役は子ども達です。

子どもが苦手な人は、子どもをないがしろにした保育園経営となり、上手くいくことはないでしょう。

せっかく園長になるのであれば、子ども達から愛される存在になりたいですよね。

保育士や子ども達が笑顔で毎日を過ごせるように。

より良い園にしていく為の熱意は、必要不可欠ともいえるでしょう。

   

 - 保育士になるには