保育士の一人暮らしは可能?1人暮らしをするメリットとデメリットも解説!

一人暮らしをするためには、ある程度の安定した収入が必要不可欠です。しかし、保育士は平均収入が低い職業だと言われています。とはいえ、一人暮らしは誰もが一度は憧れるものです。親の元を離れて自己管理をすべて行うことで、「自立できたと実感がわく」という方も多いといいます。

 

「保育士が一人暮らしをするのは可能なの?」「もし一人暮らしをしたらどんな生活になるの?」といった疑問を持っている保育士の方に向けて、一人暮らしをする時のポイントや生活費にいくら必要になるのかなど詳しく解説します。

 

保育士に一人暮らしは可能なの?

結論から言ってしまうと現時点で保育士が一人暮らしをするのは、残念ながらかなり難しいと言わざるを得ません。厚労省などが発表しているデータによれば、日本で働く女性の平均月収はおよそ20万円程度と言われています。

 

一方、女性の保育士が受け取っている平均月収はおよそ18万円程度です。他の職業で収入を得ている女性よりも、およそ2万円程度少ないということになります。数字だけで見ればあまり変わらないと感じるかもしれませんが、実際に収入が突然2万円少なくなると暮らしに大きな差が出てしまうものです。

 

一人暮らしを始めるとなれば、多くの場合アパートやマンションを借りることになりますが、日本全国で一人暮らしをしている方の平均的な家賃は4万円~6万円程度です。ただ、東京のように都心部の場合だと家賃だけで8万円程度かかってしまうことも少なくありません。

 

また、家賃だけではなく食費や日用消耗品、洋服代などさまざまなものに出費が重なることになります。したがって、実際に起こる出費は家賃よりも数万円以上多くなってしまうことがほとんどです。

 

月給は勤務先などにもよりますが、今のままの収入で一人暮らしが可能かどうかを慎重に検討しましょう。

 

保育士が一人暮らしをする際のメリットとデメリット

保育士の平均月収では一人暮らしをするのは難しいとはいえ、一人暮らしをすることで得られるメリットがたくさんあるのはゆるぎない事実です。一人暮らしのメリットを、デメリットと合わせて解説していきます。

 

保育士の一人暮らしで得られるメリット①一人になる時間を作れる

保育士は非常にストレスが多い仕事とされています。保育士の職場環境は、同僚や園長だけでなく、幼児や保護者とのコミュニケーションといったようにさまざまな人間関係に囲まれた状態です。

 

人間関係のストレスだけでなく、子どもの命を預かるという仕事は想像以上に責任が重くプレッシャーも強く感じてしまうという人も多いでしょう。ようやく一日の仕事が終わり家に帰っても、家族のペースに合わせた生活リズムを送るのは時に辛く感じるものです。

 

一人暮らしをすると、当然ながら自宅に誰もいません。そのため、「家では一人で自由に過ごしたい」という単純な希望をすぐに実現できます。

保育士の一人暮らしで得られるメリット②自己管理能力が自然と身につく

一人暮らしをすることで、自己管理をする能力が自然と身についていきます。お金はもちろんのこと、自宅を清潔に保つためには掃除や洗濯は絶対に必要な作業です。そのため、習慣としてできるようになっていきます。

 

また、最初は慣れていなかったとしても自炊を繰り返していくうちに得意料理ができることも珍しくありません。そして身の回りのことはもちろん、お金に関する知識や管理能力が身につくのも大きなメリットです。

 

保育士の一人暮らしで得られるメリット③友達や恋人と自由に過ごせる

仕事でたまったストレスを発散するための手段として、休みの日は誰かと遊びたいという方も多いでしょう。実家だと家に呼ぶためには家族の許可が必要ですが、一人暮らしであれば家族を気遣うことなく友達や恋人を家に招くことができるようになります。

 

このほかにも、一人暮らしを始めることで得られるメリットはさまざまです。しかしその反面、デメリットも多く発生してしまいます。

 

・実家暮らしよりも、数万円単位で出費が増える

・家の用事を自分でやらなければならないため、ゆっくり休める時間が減る

・健康や節約のためには自炊が重要になるので、料理の手間が増える

・家族に愚痴や相談をしたくなったとしても、すぐにはできなくなる

・好きなものや貯金に回せるお金が減る

 

一人暮らしはすべて一人で自由に過ごせる分、負担が大きくなってしまうのも事実です。

 

保育士が一人暮らしをした時の生活は?

社会人が一人暮らしを始める場合、家賃は月収の約3割~4割程度に抑えるのが理想とされています。保育士の平均月収はおよそ20万円程度です。したがって、保育士が一人暮らしをする際の理想的な家賃は、5~6万円程度ということになります。

 

家賃以外に考えられる出費は以下のとおりです。

食費

勤務中に食べるお昼ご飯はもちろん、日頃から食べる物や飲み物代が主です。節約するためにはお惣菜やお弁当を買うのではなく自炊が必須ですので、この場合は調味料や食用油なども必要になります。

スマホ代

元々の出費ではありますが、毎月支払わなければならない携帯の使用料金です。

車両保険料

通勤に自転車や自動車を使う人の場合は保険に入っておく必要がありますので、出費として加算されます。

電気代、水道代、ガス代

ガス代は借りるアパートによって、無い場合があります。これらは家賃に含まれていませんので、毎月絶対に必要な生活費の一つです。

洗濯代

洗濯機がない場合はコインランドリー代が必要です。一人暮らしの場合はコインランドリーを活用している人も多く、この場合は週に何回洗うかを決めておくとよいでしょう。自宅で洗濯機を使って洗う場合には、洗濯用洗剤類にかかる代金のみ必要です。

衣類、タオル類、化粧品、日用消耗品代

衣類やタオル類、化粧品にかかる費用は決まった金額が毎月出ていくものではありませんが、数か月に一度は購入が必要です。また、普段使うティッシュやマスクなどの消耗品代は生活費の一つになります。

 

趣味にかける金額は最小限に抑えなくてはなりません。また、月収に見合った出費に調節しながら貯金をしていくためには、毎日こつこつと節約を続けることが大切です。

 

まとめ

平均月収を踏まえると、保育士が一人暮らしをするためには節約や出費を少しでも減らしていく必要があります。また、自分の身の回りのことをすべて自分で行わなければならないため、残業が多く疲れやすい環境で働いている場合はかえって負担になってしまうことも。

 

しかし、一人暮らしをすることで自由な時間を作り自分が最も楽な生活スタイルで暮らせるようになります。一人暮らしを始めたい場合は、給料の見直しをしてみましょう。出費にかかりそうな金額と貯金や趣味に回せる金額を計算したうえで、検討することが大切です。

      2020/03/01

 - 保育士になるには