赤ちゃんの原子反射とは?赤ちゃん特有の原子反射の種類や時期について詳しく解説!

 

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時から生きるためにさまざまな反射が備わっていると言われています。

原子反射とは、赤ちゃんが生まれつき持っている反射のことであり、赤ちゃんの発達に応じて消失していきます。

ここでは、赤ちゃんの原子反射の種類や必要性、消失時期などについて解説していくので、赤ちゃんの発達に関する知識のひとつとして役立てていきましょう。

 

原子反射とは?

 

原子反射とは、赤ちゃんが特有の刺激に対して、中枢神経系によって引き起こされる反射行動のことを言い、この反射は赤ちゃんが成長し発達するにつれ徐々に消失していきます。

原子反射は生後3~4か月頃から徐々に消失し、それと同時に反射ではなく自分の意志で体を動かす能力を得ることができます。

原子反射とは簡単に言えば、「赤ちゃんが自分の意志で体を動かすための準備」のようなものであると言え、そのため赤ちゃんの原子反射が「適正な時期に消失しているか」「原子反射が左右対称か」など、発達障害や脳機能であるかの指標にもなるため、定期検診の目安にもなると言えます。

 

赤ちゃんの原子反射の必要性

 

上記でもあったように赤ちゃんは生後自分の意志ではなく、反射によって体を動かすことができるため、赤ちゃんの原子反射は赤ちゃんが発達する上で重要な過程であるとも言えます。

生命維持に必要

原子反射がある時期は、赤ちゃんが自分の意志で体を動かせるようになるまでの準備時期とも言えるため、つまりそれまでの間に赤ちゃんが生命を維持するために必要なこととも言えます。

この時期の動きは原子反射によるものなので、原子反射は「赤ちゃんが生きていくための動き」として非常に重要な役割を持つと言えるでしょう。

運動機能の発達に必要

赤ちゃんの原子反射は、赤ちゃんの生命を維持する目的と同時に、赤ちゃんの「運動機能の発達」も手助けしてくれています。

原子反射は赤ちゃんの無意識による反応や姿勢を表すため、中枢神経系の発達を促し、赤ちゃんが適切に安全に成長するのを手助けしてくれているとも言えるでしょう。

 

赤ちゃんの原子反射の種類と時期

赤ちゃんの原子反射にはいくつかの種類があり、種類によって役割や消失時期が異なります。

ここからは、赤ちゃんの原子反射の種類や消失時期などについて、種類別に解説していきたいと思います。

モロー反射

  • 出現時期 出生時
  • 消失時期 3~4か月

外部からの刺激に対し危険を知らせ、守ってもらおうという本能的な動きのことをモロー反射と言います。

モロー反射の確認方法は、上向きに寝かせた子どもの後頭部に手をあてて、凡そ30度ほど頭を持ち上げ、頭を落下させた時に反応が出ます。

落下時に子どもの両腕が外に開いて、腕が内側に縮こまるような動きが見られたら、それがモロー反射による動きと言うことになります。

手掌把握反射

  • 出現時期 出生時
  • 消失時期 3~4か月

赤ちゃんの手のひらを指で触れると、よく赤ちゃんが握り返してくることがありますが、これを手掌把握反射と言い、この反射が消失した後に物を掴めるようになります。

足底把握反射

  • 出現時期 出生時
  • 消失時期 9~10か月

赤ちゃんの足の裏の親指の付け根にあるふくらみを指で圧迫すると、足の指が内側に曲がる反射のことを言います。

この反射が焼失した後に、個人差はありますが徐々に赤ちゃんが歩くことができるようになります。

赤ちゃんが歩けるようになる時期は個人差がありますが、この原子反射が他の原子反射とは違い消失時期に個人差があることも、要因のひとつと言えるでしょう。

探索反射

  • 出現時期 出生時
  • 消失時期 4~6か月

赤ちゃんを仰向けに寝かせた際に、指で唇に触れると触れた指を赤ちゃんが口で捉えようとし、これを探索反射と言い、またルーディング反射とも言います。

これは赤ちゃんが生まれてすぐに母乳を飲むために必要な原子反射でもあります。

ですがまれに、触れた方と反対の方に赤ちゃんの頭が向いてしまう場合があり、このような場合は、運動神経などの中枢神経または脳の機能に異常がある可能性があるので注意が必要です。

非対称性緊張性頸反射

  • 出現時期 出生時
  • 消失時期 3~4か月

赤ちゃんを仰向けに寝かせた状態で、赤ちゃんの首を左右の一方に曲げると、顔が向いている側の手足が伸び、反対側の手足が曲がります。

これを非対称性緊張性頸反射と言い、この反射が消失することで赤ちゃんが寝返りをうつことができるようになります。

 

原子反射の種類と時期の一覧表

ここでは最後に、これまでに紹介した赤ちゃんの原子反射の種類と時期を表でまとめてみました。

原子反射 消失時期 概要
モロー反射 3~4か月 危険察知に必要となる原子反射
手掌把握反射 3~4か月 物を掴むために必要な原子反射
足底把握反射 9~10か月 歩くために必要な原子反射
探索反射 4~6か月 母乳を飲むために必要な原子反射
非対称性緊張性頸反射 3~4か月 寝返りをうつために必要な原子反射

これらの概要や消失時期を目安して、赤ちゃんの発育をしっかりと見守りましょう。

 

まとめ

ここまで、赤ちゃんの原子反射の種類や必要性、消失時期などについて解説してきました。

原子反射は、赤ちゃんが自立、発達するまでの間に、生命維持のために必要となるものであり、原子反射がある時期は赤ちゃんが発達するまでの準備期間でもあります。

また、原子反射は適正に反射が出ているか、適正な時期に消失しているかなど、検診の際にも目安にもなるので、原子反射は赤ちゃんの発達過程においても重要性が高いと言えます。

 

   

 - 保育士になるには