保育士さんは妊娠した場合どのように対応する?妊娠後の対応や注意点など詳しく解説!

今回は、保育士さんの妊娠や出産、育休などに関してどうすればいいのかを解説していきます。

妊娠した際の対応や、妊娠中の仕事への影響などについても解説しているので、この記事を通じてぜひ参考にしてみてください。

保育士さんが妊娠した際の対応

保育士さんが妊娠した際は、どのような対応をすればいいのでしょうか。ここではまず、保育士さんが妊娠した際の、報告や確認事項などを解説していきます。

園長や同僚に報告・相談をする

妊娠が発覚した際は、まずは園長や上司、同僚など、相談しやすい相手に相談することから始めましょう。

妊娠中の仕事の量、妊娠中の職場環境、産休や育休といった確認事項など、これらのことは、まずは相談と報告をしないと始まりません。

園長や上司、同僚など、相談しやすい相手に、必ず相談や報告をし、「自分が働きやすい環境を整えてもらう」、「出産までの準備をする」これらのことを行うのが大事です。

ポイントとしては「できるだけ早く伝える」ことで、そうすることで善後策を早いタイミングで相談でき、自分が働きやすい環境を作りやすく、また周囲に迷惑をかけるリスクも抑えることができます。

また、妊娠初期は非常に大切な時期でもあるため、早く報告することによって、例えば、つわりがひどくて辛い時などにも周りからの配慮やフォローが受けやすくなります。

産休までの職場体制を整えてもらう

前述にもあったように、「妊娠初期は非常に大切な時期」です。

ですので、妊娠の報告を上に行った際は、産休までの職場体制をしっかりと整えてもらい、働きやすい環境を作ってもらうことも大切な対応と言えます。

個人差にもよりますが、例えば、これまでクラスの担任として年長クラスを受け持っていた場合、これまでの肉体的負担がかかる業務が難しくなることもあります。

そのような場合は、サポート役に回るや、赤ちゃんクラスに配置換えしてもらう、サポート保育士を付けてもらうなど、さまざまな対応が可能です。

肉体的な状況や精神的状況に応じて、それに相応しい職場体制を保育園で整えてもらうことが大事なポイントと言えます。

産休・育休制度の確認を行う

産休を取って出産後も仕事を続けるか、出産を機に休職や退職を選ぶかは、その時の状況や環境、妊娠の経過などにもよります。

仕事を続ける場合は、産休・育休制度を使える場合が多いですが、中には産休・育休制度が使えない保育園もあるので、産休・育休制度の確認は、保育園側に必ず行うようにしましょう。

休職や退職についての話し合いを行う

仕事を休職・退職する際は、まずは周囲の人に相談を行いその後しっかりと話し合いを行うことが大事です。

休職や退職を選んだ際は、経済的なことや家庭環境に大きく関わるので、出産後のプランやビジョンなどのことを踏まえても、まずは周囲の人に相談することがベストと言えます。

相談と話し合いをよく行い、休職や退職を決断した際は、休職や退職をする時期を考える必要があります。

もちろん妊娠中のため、母体を優先したスケジュールで休職や退職をする時期を決めるのがベースになるのですが、クラスの担任として仕事をしていた場合は、年度途中よりも、区切り良く次の年度へ入れる年度末がベストと言えます。

業務の引き継ぎなどのこともあるので、休職や退職をする時期についても、保育園とよく話合いを行い、互いが納得する形を作るように心掛けましょう。

妊娠のことは保護者に伝えるべき?

妊娠中は、安定期に入るまでは、極力体への負担を減らすために仕事量をセーブしたりなどの体に対しての配慮が必要となります。

精神的な負担を減らすという意味でも、園児の保護者への報告は安定期に入ってからがベストなタイミングと言えます。

妊娠中はさまざまなことに注意をしながら仕事を行う

妊娠中はさまざまなことに注意をしながら仕事を行うことが、体に負担をかけないポイントになります。

ここでは、妊娠中の仕事に対しての注意点をいくつか解説していきます。

妊娠中の仕事への影響は?

妊娠中は、安定期までの妊娠5ヶ月くらいまでは、赤ちゃんと母体両方にとって大事な時期でもあるため、それを踏まえて仕事にどのような影響を与えるかをしっかりと自己分析しておくことが大事だと言えます。

例えば、子どもとの接触や、重いもの持つなどの重労働は、母体への負担がかかる可能性もあるため、仕事ひとつひとつに対して注意を払う必要があります。

妊娠中の活動において、自分がどの範囲の仕事が可能で、周囲にどのような影響を与えるかをしっかりと考えて、それを踏まえた上で保育園と話し合いを行い、ベスト状態で仕事を行うようにしましょう。

感染症にも注意

前述にあったように、妊娠中は体への負担を控える行動はもちろん、体調管理にも気を付けることが大事です。

保育園に通う園児は、大人と比べ免疫力が低いため、はしかや水ぼうそうといった感染症にかかることも多いです。

仮にもし、園児から感染症がもらってしまうと、流産や早産の原因、胎児へ影響を及ぼすこともあるので、感染症にも注意を払うことが重要です。

保育士の仕事はいつ頃までできる?

妊娠した際の保育士の仕事の期間は、体調や経過など個人差があるため、一概に「○○までなら仕事ができる」とは言えません。

ここでポイントになるのは、自分の体調や妊娠経過と産休・育休のバランスになると言えます。

産休は原則として「予定日の6週間前から取得可能で、出産日の8週間後まで取得することができる」とされているので、これを基準にして仕事の期間を設定するのもひとつの方法と言えます。

定められた期間すべてを産休として使えればいいのですが、保育園や状況によってはこの期間が前後することもあるため、仕事の期間に関しても、自分の体調や妊娠経過を踏まえて、保育園としっかりと話合いを行うことがベストと言えるでしょう。

保育士さんが妊娠した際に気になるその他のこと

ここでは最後に、保育士さんが妊娠した際に気になりそうなその他のことをまとめました。

苗字の変更について

妊娠を機に結婚をして苗字が変わるパターンも多いと思います。

結婚を機に苗字が変更する場合は、保育士証の書換え手続きを行う必要があります。

保育士証の書換えは、保育士登録事務処理センターから書類を申し込み、そこから申請をする必要があるので、通常で2か月ほどの期間が必要となります。

申請期間の2か月を踏まえて、余裕を持って保育士証の書換えを行いましょう。

借り上げ宿舎に住んでいる場合

保育士さんの中には借り上げ宿舎に住んで生活をしている方もいます。

借り上げ宿舎は法人や自治体によって、「単身者や独身者・世帯主のみ利用可能」というルールがあるので、妊娠を機に結婚をした際は、引越しをしなければならないことも頭に入れておく必要があります。

結婚をした場合、ほとんどが制度の対象者でなくなってしまうので、宿舎を出る手続きが必要となり、その準備を前もってしておくことも大事なことと言えるでしょう。

まとめ

ここでは、保育士さんの妊娠や出産、育休などに関してご紹介していきました。

妊娠した際の対応は、体調や環境、また仕事の立場や業務量によって対応の内容も異なると思うで、体調や母体への影響、周囲への影響をしっかりと踏まえた上で、産休や育休、休職や退職など、自分にとってベストな選択をすることが大事だと言えます。

妊娠した際は出産までの準備をしっかりと行い、母体への負担をなるべくかけないように行動をしましょう。

   

 - 保育士になるには