保育士資格を活かせる職業は?保育士資格の概要や働ける職業を紹介!

 

保育士と言えば「保育園の先生」と一般的にイメージされやすいですが、保育士資格は保育園以外でも働ける国家資格なので、幅広い職業に就けることができます。

ここでは、保育士資格の概要や保育士資格で働ける職業などを詳しく解説していきます。

 

保育士資格とは?

保育士資格とは、厚生労働省が管理する国家資格のひとつで、保育園で保育士として働くことはもちろん、保育園以外にも保育に関わるさまざまな施設や形態で働くこともできます。

保育士資格の概要

保育士資格がなくても保育園やその他施設で働くことは可能ですが、無資格だとできる業務に制限があるなど何かと不備が生じることも少なくないので、保育に関する仕事に就きたい方、また募集する側にとっても基本的には必須資格であると言えます。

保育士試験の受験資格

保育士資格は基本的に「厚生労働省の指定する指定保育士養成施設(大学・短大・専門学校)」の養成課程を経て卒業することで取得することができますが、保育に関係のない一般の大学卒業生や社会人であっても試験を受けて資格を取得することができます。

最終学歴 受験の条件
大学卒業者  

l  学校教育法に基づいた専修学校である

l  卒業した課程が修業年限2年以上専修課程である

 

短大卒業者  

l  学校教育法に基づいた専修学校である

l  卒業した課程が修業年限2年以上専修課程である

 

専門学校卒業者  

l  学校教育法に基づいた専修学校である

l  卒業した課程が修業年限2年以上専修課程である

 

高校卒業者

(1991年3月31日以前の場合)

 

無条件で受験が可能

高校卒業者

(1991年4月1日以降の場合)

 

児童福祉施設で2年以上且つ2880時間以上の実務経験

中卒業者 児童福祉施設で5年以上且つ7200時間以上の実務経験

このように、最終学歴によってそれぞれ受験資格の条件が異なります。

また、卒業者でなくても、大学や短大に在学中であるや、大学や短大を中退した場合も内容によって条件が異なります。

在学中や中退の場合 受験の条件
大学在学中 2年以上の在学と62単位以上修得済みであれば受験可能だが、年度中に2年以上在学、または62単位以上修得が満たせなかった場合は合格しても無効
大学中退 2年以上の在学と62単位以上修得済みである
短大在学中 在学中であれば受験可能だが、年度中に卒業が出来なかった場合は合格しても無効
専門学校在学中 修業年限2年以上の専門課程であること且つ年度中の卒業が条件で、卒業できなかった場合は合格しても無効

このように同じ在学中であっても、通っている学校の種類によってそれぞれの条件が異なり、また単位が足りなかったり卒業できなかったりすると、試験に合格しても無効になることがあるので注意が必要です。

難易度は高いが人気がある国家資格

保育士資格は年々受験者数が増加傾向にあり、合格率は約20%と決して難易度の低い国家資格ではありませんが、冒頭でもあったように「将来性がある国家資格」であることや「幅広い職業に就ける」などの理由から、人気のある国家資格のひとつであると言えます。

また、年齢による受験制限もなく、受験資格も幅広く試験を受けるだけならハードルも低いため、学生や社会人、誰でもチャレンジすることができる点も、難易度が高い割に人気がある要因と言えるでしょう。

 

保育士資格で働ける職業(各職業の年収や待遇など)

ここからは、保育士資格で働ける職業の概要や、年収・待遇などを職業別に解説していきます。

保育園

保育士資格を持った保育士が働く場所として、最もオーソドックスと言える職場であり、いわゆる「保育園の先生」と呼ばれている職業です。

小学校に入学する前の0歳~6歳の子どもを対象に、生活習慣やコミュニケーションを養うことを目的とし、時には「保護者に対して保育に関する指導」を行うこともあります。

近年、共働き家庭が増加したことによって「待機児童問題」が深刻化し、それによって保育園では多くの人材が求められていて、保育士の中でも現在最も需要が高い職業といっても過言ではないでしょう。

給料 平均年収340万円程
勤務時間 平均8時間
ポイント l  シーズンによっては残業が増える

l  シフト制を導入しているケースが多い

l  子どもを多く受け持つ必要があるので体力が必要

l  子どもの成長と向き合えるのでやりがいがある

病児保育士

病児や病後児など病気になった子どもを保育するのが病児保育士の仕事です。

主に病院内や保育園内などの専門施設で病児・病後児の保育を行い、病気に対しての不安を取り除いたり、治療に対しての気力などを養ったりします。

病児保育士は主に施設型・訪問型の2種類の働き方によって分類され、施設型は上記のような病院内や保育園内などの専門施設で、訪問型は病児・病後児の自宅に訪問し保護者に代わって子ども世話をします。

平均年収は350万円~450万円程と幅広いですが、これは病院や保育園、訪問型など、働く場所によって違いが出ることに要因があると言えます。

給料 平均年収350万円~450万円程
勤務時間 平均8時間
ポイント l  命に係わることもあるため責任感が必要

l  感染症にかかるリスクは常にある

l  受け持つ子どもの人数が少ないので体力的な負担が少ない

l  行事やイベントがないので勤務時間が安定している

院内保育

病院で働く医師や看護師が利用する保育施設の保育士の仕事で、勤務時間が不規則且つ急な仕事に対応することも多い医師や看護師が仕事に集中するための施設でもあり、そのため病院のように院内保育も24時間体制で稼働しているケースが多いです。

仕事内容自体は一般の保育園と大差はありませんが、行事やイベントがあまりないため、病院内の託児所をイメージすればわかりやすいでしょう。

給料 平均月給18万円~22万円程
勤務時間 平均8時間
ポイント l  シフト制だが残業はほとんどない

l  福利厚生が充実しているケースが多い

l  都道府県によって給料に差がある

学童保育所

日中保護者が家庭にいない小学生児童を預かる場所で、子どもが放課後に安心して過ごせる生活の場を与えることを目的とした保育所です。学童保育所は小学校最寄りの保育園が、学童保育所として使用しているケースが多いのですが、最近では、塾などの民間企業が学童保育事業を独自で運営するケースも増えてきています。

一般的な保育園との大きな違いは「預かる子どもが小学生」であることで、子どもが大きい分遊びも力強くなるため、より体力的に負担が多いと言えます。

正社員・非正規職員どちらの立場でも働くことは可能ですが、保育資格を持つ保育士の方は正社員で働くケースが多いです。

給料 平均月給19万円前後
勤務時間 6時間~8時間(シーズンによって変動有)
ポイント l  メインの仕事は昼過ぎから

l  小学生が対象なので体力が必要

l  男性保育士が多く活躍している

l  土曜日や夏休みなどの長期休暇時は時間が長い

ベビーシッター

母親に成り代わって乳幼児の世話をする人をベビーシッターと言い、基本的には個別保育となるため子どもと深く接します。

基本的には1人で業務を行うため、上司や先輩、同僚などの人間関係よりも、受け持つ子どもの保護者との関係性の方が重要となります。

ベビーシッターの運営元にはベビーシッターを専門的に扱う派遣会社が多いため、正社員もいますがパートやアルバイトでのベビーシッターが多い傾向があります。

給料 平均時給1000円から
勤務時間 ニーズによって変動
ポイント l  時間の融通が利きやすい

l  保育資格を持った主婦におすすめ

l  夜勤対応にはオプション料金あることも

保育園本部

保育園本部とは、保育園・学童施設の運営全般を行う場所であり、保育園本部での仕事は運営に関するサーポート業務や経理・人事・総務といった管理業務など、オフィスワークがメインとなります。

タイムスケジュール的には一般事務と同じようなもので、仕事を行うにあたって保育士資格は必須ではありませんが、資格があることで何かと優遇されるケースもあります。

給料 平均月給20万円から
勤務時間 平均8時間
ポイント l  キャリアアップに期待が持てる

l  事務スキルが必要

l  保育現場の裏方業務の色合いが濃い

乳児院・児童養護施設

保護者のいない乳児や児童を援助する施設で、保護者に代わりとも言える仕事になるため、仕事内容は幅広くさまざまな対応が必要になります。

施設で生活をする子どもの生活面や学業面などさまざまなことを指導教育し、子どもの成長をサポートするのが主な仕事内容になるため、正に保護者の代わりとも言える仕事でしょう。

給料 平均年収340万円~800万円
勤務時間 ニーズのよって変動
ポイント l  働く施設や施設の形態によって給料が異なる

l  子どもの成長に直結するため責任重大

l  非常勤でも働くことができる

託児所

託児所とは認可外の保育施設のことを言い、企業の従業員の子どもを勤務時間中預かる「事業所内託児所」と、商業施設や医療施設などのサービス利用者の子どもを一時的に預かる「一般利用託児所」の2種類に主に分類されます。

勤務時間や給料などは、施設のある企業や商業施設、医療施設によって異なりますが、どの施設であっても保育士資格を持っていることで優遇される傾向が強いです。

託児所の求人では正社員、パート両方の求人がありますが、こちらも「事業所内託児所」や「一般利用託児所」、また、施設のある企業や商業施設、医療施設によって違いがあるため、就職・転職先を幅広く選ぶことができるでしょう。

給料 パートであれば平均時給は1000円程
勤務時間 ニーズのよって変動
ポイント l  小規模運営が多いため仕事量が少ない

l  幅広いワークスタイルで働く場所を選べる

l  無資格でも働けるが保育士資格がある方が優遇される

 

まとめ 保育士資格は将来性のある資格

保育士資格は取得することによって、保育に関するあらゆる仕事に就くことができるので、幅が広く将来性のある国家資格だと言えます。

就ける仕事のほとんどは、一般的な平均年収に比べると低い傾向にありますが、ニーズの高い職業や、働くエリア、キャリアアップの目指し方などをしっかりと掴めば、収入面においても安定すると言えるでしょう。

「保育士=保育園の先生」というのが、一般的なイメージですが、「病児保育士」や商業施設を対象にした「一般利用託児所」など、今後さらにニーズが高まりそうな職種もあるので、保育に関わる仕事を目指す際は、保育士資格を取得することを前提に活動を行うのがおすすめです。

 

      2020/03/01

 - 保育士年収