保育士に人気の企業内保育所とは?企業内保育所の特徴・待遇や求人などについて解説!

 

ここでは、企業内保育所の概要や特徴の解説、企業内保育所で働く保育士の給料や待遇面、企業内保育所の求人選びのポイントなどについて解説していきます。

 

企業内保育所とは?

企業内保育所とは、企業側で用意した保育施設のことであり、産後の母親が仕事に早期復帰ができるように、または仕事をしながら育児をすることができるなどを目的としています。

企業内や企業の近隣に用意されていることが多いため、女性の方からすればその企業は働きやすい企業であることの指標になるとも言えます。

企業内の保育施設の設置と運営は、企業側にとっても大きなメリットがあると言えます。

企業が企業内保育所を用意しているということは、その企業が「女性が働きやすい環境作りに積極的に取り組んでいる」と言うことにもなるので、これは企業が外に向けてアピールをする上でも、企業側にとってメリットの多い取り組みと言えるでしょう。

企業内保育所の設置形態

企業内保育所の設置形態には、「単独設置型」「地域開放型」「共同型」これら3つが主な設置形態となっています。

単独設置型 ひとつの企業が自社の従業員の子どもだけを対象にしている形態です。
地域開放型 企業が設置し運営している施設を、従業員の子どもに加え、地域の児童も対象にしている形態です。
共同型 共同型の場合はさらに2つのタイプに分類され、「代表企業型」はグループ企業や地域で共同利用ができ、「フラット型」は複数の企業で施設の費用を負担し設営・運営を行うタイプです。

 

企業内保育所のメリット・デメリット

以下では、企業内保育所で保育士として働く際のメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット

  • 土日祝日休みが取りやすい
  • 給料面や待遇面が良い傾向がある
  • 保育園に比べ負担が少ない

企業内保育所で保育士として働く際のメリットにはこれらのことが考えられます。

施設の運営は企業が行っているので、施設の休日は基本的に企業に合せます。そのため、土日祝日休みが基本となることが多いので、休日が安定的になります。

また、運営する企業にもよりますが、企業内保育所で保育士として働く場合は、企業の社員として採用されるため、給料面や待遇面などの条件や労働環境が、一般の保育園よりも優遇されているケースが多いです。

施設内で預かる子どもも、基本的には従業員の子どもがメインとなるため、預かる子どもの人数も少なく、また行事など一般の保育園に比べ少ないため、保育士ひとりひとりにかかる負担も少ないです。

デメリット

  • 施設・設備が限られていることも
  • 保育以外の仕事もする必要がある

企業内保育所で保育士として働く際のデメリットにはこれらのことが考えられます。

まずひとつは、企業内保育所は基本的に敷地内にある限られたスペースないでの運営になるため、施設や整備が限られているケースが多く、そのため保育士はその限られた環境下で、子ども成長や発達を促す必要性があります。

そのため、保育方法や子どもとの接し方に、いかに工夫して取り組めるかが問われます。

また、企業内に保育施設があり、保育士はその企業の従業員として働いているため、企業内の報告書の作成や、場合によってはその他の業務も依頼されるケースが出てくるため、保育業務以外の仕事も行わなければいけない可能性があることも、常に頭に入れておく必要があります。

 

企業内保育所で働く保育士の仕事

企業内保育所で働く保育士さんは、基本的には一般的な保育園で働く保育士さんと仕事の内容は同じで大きな差はありません。

ですが、上記のメリット・デメリットにもあったように、企業内保育所は施設や設備が限られているので、保育や業務に工夫が必要であったりなどするため、細かい業務の内容には多少なりとも差はあります。

ですが、一般の保育園に比べ規模が小さい分、子どもひとりひとりにじっくりと接することができたり、一般の保育園ではできない業務などもできるなど、保育士として濃い経験ができると言えるでしょう。

 

企業内保育所で働く保育士の給料や待遇

企業内保育所で働く保育士の給料や待遇は、保育所を運営する企業の業績や方針によって大きく変化します。

大企業であったり、業績が良い企業であれば、保育士も他の社員と同じように高い給料をもらえることもありますが、業績が悪くなれば給料のカットやリストラ、最悪の場合は倒産などのリスクもあるため、そのことは常に頭に入れておく必要があるでしょう。

福利厚生などの待遇面に関してですが、保育施設を企業内に設置しようする企業は、それだけ「働きやすい職場の環境作りに取り組んでいる」と考えることができるため、保育施設を企業内で運営している企業の多くは、福利厚生や労働環境が優れているケースが多いです。

ですが、給料面や待遇面に優れ、働きやすい企業の場合は、保育士であっても競争率が高くなってしまう傾向が強いため、保育士さんが転職先に企業内保育所を選んだ際は、競争率が高いことを念頭において転職活動に取り組むようにしましょう。

 

企業内保育所の求人選びのポイント

上記であった「企業内保育所のメリット・デメリット」にもあったように、企業内保育所へ転職する場合は、「給料面や待遇面」「働きやすい環境」これらのことが、企業内保育所へ転職する大きな理由になると思います。

「給料面や待遇面」「働きやすい環境」を踏まえて転職を考えた場合、以下のようなことが企業内保育所の求人選びのポイントになると言えるでしょう。

  • 企業の規模や業績
  • 企業が属している業界
  • 給料と福利厚生の充実度

企業の規模と給料と福利厚生の充実度は比例している部分が多いので、求人を選ぶ際にも目安にしやすいですが、企業内保育所の場合は、その企業が属している業界によって運営スタイルや勤務形態が大きく異なる場合があるので、企業が属している業界は特に注目する必要があると言えます。

企業内保育所の場合は、一般の保育園とは異なり、企業の運営方針に保育所の運営が大きく影響します。

例えば、製造業界の場合であれば24時間稼働している企業が多いため、保育施設もそれに対応するために夜間保育を行ったり、食品関係の企業であれば繁忙期があるためその時期は保育所も子どもが増えて忙しくなるなど、業界によって1年の流れが大きく異なります。

ですので、労働環境に重視する場合などは、特に保育所を設置する企業が属する業界を事前に調査しておくことが大事になります。

自分一人での転職活動に不安がある場合や、転職がなかなかうまくいかない場合などには、保育専門の転職エージェントや転職サイトの活用も、効率的かつ効果的に転職活動をする方法のひとつと言えるでしょう。

 

まとめ

ここでは、企業内保育所の概要や特徴の解説、企業内保育所で働く保育士の給料や待遇面、企業内保育所の求人選びのポイントなどについて解説してきました。

企業内保育所は一般的な保育所に比べ、給料面や待遇面が優れているケースも多いですが、その分、業績によっては給料の削減やリストラ対象、最悪の場合は倒産など、デメリットやリスクもあります。

企業内保育所へ保育士として転職や就職をする際は、企業内保育所のメリット・デメリットをしっかりと把握した上で、自分に合った業界の保育所へ転職や就職をしましょう。

   

 - 保育士年収