保育士と幼稚園教諭どちらの資格が役に立つ?どちらも取得できる大学を選ぶべき?

 

将来のことを考えた時、大学選びはとても重要な選択と言えます。

「子どもと関わる仕事に就きたい」

そう思った時、保育士や幼稚園の先生をイメージしますよね。

どちらで勤務するかによって、必要な資格は変わってきます。

保育士資格だけを持っていても、公立幼稚園での正職員にはなれません…。

将来進むべき道がまだ曖昧で、資格の種類や進学先に悩んでいるあなたへ。

それぞれの資格や大学選びについて詳しくご紹介します。

保育士と幼稚園教諭どちらがいい?

 

保育士資格と幼稚園教諭はどちらも国家資格となっています。

保育園は厚生労働省の管轄で、0歳からの子どもを預かります。

幼稚園は文部科学省の管轄で、基本的には3歳からの子どもを教育します。

保育士資格があれば、保育園の他に児童養護施設や乳児院等の児童福祉施設で勤務することが可能です。

幼稚園教諭免許のみだと基本的には幼稚園のみでの勤務となります。

しかし、幼児教室や小規模保育園で幼稚園教諭を積極的に採用するような所も存在します。

このように1つの資格では偏りがでてしまいます。

「幼稚園で働きたい!」

と、将来の夢への気持ちが強く固まっているのであれば、その資格のみでも問題ないかもしれません。

しかし、迷いのある人や複数の施設に興味がある場合は両方取得することをオススメします。

また、最近では認定こども園が普及してきています。

いわゆる、保育園と幼稚園の良いとこ取りともいえる施設です。

認定こども園は0歳からの保育もありますし、3歳からの教育も行います。

認定こども園で働く場合、幼稚園教諭と保育士の両方の資格取得を求められます。

幼稚園教諭のみだと、乳児の担当を任せてもらえないような園もあります。

将来の自分が柔軟な対応ができるように備えておくに越したことはないですよね。

 

保育士と幼稚園教諭の両方を取得するメリットとデメリット

 

将来働きたいと思う場所を見つけた時、すぐに応募できるように資格をたくさん取得しておくことは良いことです。

保育士と幼稚園教諭の両方を取得するとメリットはたくさんあります。

 

・働く場所が制限されない

児童福祉施設へ就職する時も、結婚して近所の幼稚園でパートをしようと思う時も…。

両方の資格があれば、躊躇することなく転職を考えられます。

将来、保育園や幼稚園が廃止され、すべて認定こども園へと統一されてしまうようなことがあっても、2つの資格を持っていれば安心ですよね。

 

・資格手当がつく

就職先にもよりますが、基本給とは別に資格手当がもらえることがあります。

資格を取得した人だけの特権ですよね。

 

・信頼度が増す

これは印象の問題ですが、保育士と幼稚園の資格を持っていると聞くと

「子どものことを何でも知っているスペシャリスト」

…のような感じがしませんか?

信頼できる先生という印象を持たれます。

このように、2つの資格を取得するメリットはたくさんあります。

対するデメリットは1つです。

ズバリ!学生生活が忙しくなること!

…そんなことかと思いましたか?

これが、なかなか忙しくなります。

特に、短期大学だと2年間で2つの資格を取得する為、大忙しです。

講義の数も増え、保育実習に加えて幼稚園実習もこなす必要があります。

1か月に及ぶ実習もあり、アルバイトもままならない状態…。

学生時代の頑張り次第で2つの資格を取得することが可能ということでもあります。

 

両方の資格が取れる大学を選ぶときの注意点

 

保育士と幼稚園教諭のどちらも取得しようと決めた時、次に考えるのは進学先です。

どのような選択をするかによって注意点が変わるので、詳しく解説していきますね。

 

・四年制大学?短期大学?専門学校?

経済的な理由や、通学方法を踏まえてどの進学先か悩みますよね。

四年制大学や短期大学で注意が必要なのは、全員が保育士養成コースに入れるかどうかです。

保育に関する学科であれば、保育士も幼稚園教諭も卒業と同時に取得できるところがほとんどです。

しかし、中には保育士養成コースは成績順で30名等の定員が設けられている場合があります。

その定員に入れなかった場合は、残念ながら卒業と同時に取得は不可能となります。

その学科に入りカリキュラムをこなせば、全員が取得できるのか確認が必要です。

また、専門学校ではまれに「卒業時に保育士試験の受験資格を取得」と記されている

学校があります。

この場合、卒業と同時に保育士にはなれません。

年に1回行われる保育士試験を受験しなければなりません。

 

・幼稚園教諭の免許の種類

幼稚園免許には、一種免許と二種免許があります。

実は、勤務先によっては給料が違う場合があります。

幼稚園一種免許の方が高いようです。

そして、もし将来園長先生になりたいと思っている人は一種免許を持っていないとなれないので、注意してくださいね。

・働きたい園がすでに決まっている

資格取得だけでなく、働きたい場所も決まっている人もいますよね。

その場合は、その就職先に強い進学先を探しましょう。

特定の保育園や幼稚園から多く採用をもらう学校があるはずです。

進学率や進学先の一覧をチェックしておくことをオススメします。

・公務員試験を考えている

保育園も幼稚園も公立園での勤務を希望する場合は自治体の公務員試験を受ける必要があります。

公務員試験を考えている場合は、もちろん2つの資格を持っている方がいいですね。

そして、公務員試験の試験対策をしっかり組んでいる学校を選びましょう。

大学の人事課に問い合わせれば、公務員試験の合格率を教えてくれるはずです。

大切な人生の分かれ道となります。

よく調べて納得のいく道を選んでくださいね。

   

 - 幼稚園教諭