保育士と幼稚園教諭の違いって何?仕事内容や給料について解説。

 

女性がなりたい職業の中でも、特に人気がある「保育士と幼稚園教諭」。どちらも子供と深く関わり、世のお母さんが安心して子供を預ける場所ですが、保育士と幼稚園教諭には仕事内容や必要な資格などさまざまな違いがあります。

 

とはいえ、「保育士と幼稚園教諭に違いなんてあるの?」「2つとも同じ仕事内容なのでは?」と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、保育士と幼稚園教諭にはどんな違いがあるのか、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

どちらが自分に合っているのか判断する重要なポイントになりますので、保育士になるか幼稚園教諭になるか迷っている方は是非参考にしてみてくださいね。

保育士と幼稚園教諭って何が違うの?

保育士と幼稚園教諭は、似ているようで全く異なる点がいくつかあります。

 

ですが、実際にはどんなところが違うのだろう?と疑問に思いますよね。

 

こちらでは、そんな疑問にお答えするため、大きく異なっている点として挙げられる「それぞれの仕事内容」と「必要な資格・免許」についてお話していきます。

 

自分が働きやすいのはどちらなのかを決める重要なポイントになりますので、是非チェックしてみてください。

保育士と幼稚園教諭の仕事内容

まず最初に、保育士は0歳~小学校就学前の子供の保護者代わりとなってお世話をすることがおもな仕事です。

基本的な生活習慣を身に着けさせるために、食事やトイレなどを援助しながら教えていきます。また、皆と一緒に遊ぶなかで集団生活のきまりを覚えさせることも大事な仕事のひとつですね。

 

一方、幼稚園教諭は3歳~小学校就学前の子供を対象に、教育することがおもな仕事です。

子供たちの先生となり、生活していくうえで必要な知識や、小学校に就学するための備えを教えることが役割。

教育が主なので、お遊戯や工作などを通して子供の知育をサポートします。

それぞれ必要な資格って何?

保育士・幼稚園教諭になるには、どちらも養成課程のある学校や通信教育で学び、必要な資格や免許を取得することが必要です。

 

保育士の資格を取得するためには、保育士養成課程のある専門学校、大学、短期大学で学んで所定の課程を修了するか、通信講座や独学で勉強し保育士試験に合格することが必須となります。

 

幼稚園教諭では、1種免許状・2種免許状・専修免許状の3つのうちどれかを取得することが必要です。

 

1種免許状では、4年制大学に通い幼稚園教諭養成課程を修了し卒業すること。2種免許状では、短期大学・専門学校・通信講座で学び、卒業すること。専修免許状では4年制大学を卒業後、大学院で修士課程を修了することで取得できますよ。

 

保育士と幼稚園教諭のメリット・デメリット

保育士と幼稚園教諭の仕事や資格などに違いがあるのは分かったけれど、実際に働くことでの良い点や悪い点は何か気になりますよね。

 

ここからは、そんな方に向けて保育士と幼稚園教諭の具体的なメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

自分が働きやすいのはどちらなのか分からない方は、この項目をチェックしておくとより自分に合った職選びができますよ。

保育士のメリット・デメリット

保育士のメリットとして挙げられるのは、幅広い年代の子供と関わることができることです。

0歳~小学校就学前の子供を保育するため、さまざまな子供との接し方を学べます。幼稚園教諭では関わることのない乳幼児のお世話もするので、幅広い子供の成長を見守ることができ、非常にやりがいのある仕事だと言えますね。

 

反対にデメリットは、保護者との信頼関係を築く大変さや、決まった勤務時間で働くのが難しいこと。

 

保育園に子供を預ける保護者は、比較的に仕事などで忙しい方が多く、送迎のわずかな時間でしかコミュニケーションを取ることができません。そのため、幼稚園教諭よりも信頼関係を築く大変さが弱点。

 

また、保育園は朝7時ごろ~夜8時ごろまで子供を預かるところが多いため、勤務時間が長かったり、毎日決まった時間で働くのが難しいことも。ですが、職場によって人員調整やシフトに違いがありますので、職場選びのときはしっかり確認することが重要です。

幼稚園教諭のメリット・デメリット

幼稚園教諭のメリットのひとつが、様々な行事を通して子供の成長を近くで見ることができることです。

幼稚園では、教育のため色々な行事がさかんに行われますが、その行事のなかで子供が「~できるようになった」など、近くで成長を感じることができるのは幼稚園教諭ならでは。

 

また、幼稚園教諭は固定勤務や長期休みがあるところも魅力。

幼稚園教諭が勤める職場のほとんどが幼稚園なため、決まった時間で働くことができたり、夏休みや冬休みの期間は先生も一緒に休むことができますよ。

 

その反対にデメリットとして挙げられるのは、幅広い年代の子供と関わることができないという点です。

幼稚園では3歳~小学校就学前の子供としか関わることがないため、さまざまな年代の子との接し方を学びたいという方にはあまりおすすめできません。

 

また、幼稚園は保護者同士のつながりが強いので、先生と保護者の価値観が違った場合などに噂が広まりやすいのが難点です。

 

保育士と幼稚園教諭の給料

さまざまな職業の中でも人気のある保育士・幼稚園教諭ですが、世間では給料が低いという意見が多いですよね。

 

ですが、実際にはどのくらいの収入なのか分からない方も多いでしょう。

 

そこで、ここからは保育士と幼稚園教諭の平均的な給料をお伝えしていきますので、保育士・幼稚園教諭を目指している方はチェックしておくと良いですよ。

保育士と幼稚園教諭、どちらの給料が高いの?

実は、保育士と幼稚園教諭の給料はあまり変わりません。

保育士の平均的な年収は約342万、一方幼稚園教諭の年収は約340万となっています。多少保育士の方が高いですが、基本的にはあまり変わらないのが事実。

資格が必要な仕事の中でも給料が少ないと言われている職ですが、それを上回る仕事へのやりがい、子供たちの成長を近くで見守ることができるのが保育士・幼稚園教諭の最大の魅力。人気のある職業と言われているのもうなづけますね。

まとめ

保育士と幼稚園教諭の違いについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

仕事内容などは違いがあるものの、給料にはあまり違いがない2つの職業。

子供とたくさん関わることで多くのやりがいと感じられるのが魅力の職です。

 

この記事でお話したことを参考に、「幅広い年代の子供と関わりたい」と思っている方は保育士、「様々な行事をとおして子供の教育に携わりたい」と考えている方は幼稚園教諭、など自分の働き方に合った職を選んでくださいね。

   

 - 幼稚園教諭